活用シーン

カタログギフトが冠婚葬祭で便利な理由とは?さまざまなタブーを回避!

香典返しや結婚祝いの「タブー」な品物とは?カタログギフトが便利なワケ

カタログギフトが冠婚葬祭で使いやすい理由

今やカタログギフトは結婚式の引き出物や、お葬式の香典返しの定番です。
カタログギフトの利点には「もらった人が持ち帰りやすい」が大きいかもしれませんが、冠婚葬祭においては「タブーの品物を回避できる」というのも大きいでしょう。

冠婚葬祭に関する「品物のタブー」は重要になっています。
例えば、「結婚祝いでタブーの品物を贈ってしまったから、夫婦仲が悪くなってしまった」というような直接的な影響にはなりませんが、占いのように「人生に関わるほどに縁起が悪いもの」ということで、避けるべきとされるマナーとなっています。

ですが、マナーを考えて品物を選ぶのは大変なもの。
冠婚葬祭のようなイベントがあるときは何かと忙しくなり、品物を細かく選ぶこともできなくなってしまうかもしれません。
カタログギフトが便利に使われるようになったのは、このように「マナーを守ってくれる」点と「品物選びを詳しくしなくてもいい」点からでしょう。

ただし、「カタログギフトだったらなんでもいい!」というわけでもありません。
タブーのことを知りつつ、なるべくその商品が掲載されていないものを選べるように、準備しておきましょう。

結婚式やお葬式の「タブー」とは?

結婚式やお葬式は、人生の中でも重要な出来事です。
そのため、「縁起」が大事にされています。

では、どのような品物がタブーとされているのでしょうか?
絶対にタブーを回避できるカタログギフトも合わせてご紹介します。

引き出物のタブー:「刃物」「櫛」「履物」

引き出物や内祝いなど結婚に関わるお祝い品では、縁を切ることを連想してしまう包丁やハサミなどの刃物が代表的なタブーとして挙げられます。

他にも、くし(櫛)や履物なども、タブーに該当します。
くしは「苦死」と読めてしまうことから、非常に悪いイメージを想起させてしまい、履物は踏みつけられることを連想してしまうからです。

香典返しのタブー:「四つ足生臭もの」「慶事の品」

香典返しの品物にも、タブーがあります。 まず、「四つ足生臭もの」と呼ばれるものですが、これは「牛や豚などの肉」と「魚」を指します。

これがタブーとされている理由としては、「四つ足の動物は、神道において禁忌ともされているから」だったり、「仏教では四十九日まで精進料理を食べるから、肉や魚を貰っても食べられないから」だったりなど理由は諸説あります。

また、「お酒」や「昆布」、「かつお節」などは喜ばしいこと(慶事)に使われるものなので、避けた方が良いとされます。

冠婚葬祭に合ったカタログギフト

好きな品物を自由に選べるカタログギフトですが、シチュエーションに合った商品を重点的に掲載しているカタログギフトも存在します。

結婚に関するお祝いなら、「ブライダル用カタログギフト」を使いましょう。 タブーの品は避けて掲載されており、結婚後の生活に役立つ商品も多くなっています。

香典返しの場合には、長く使用するようなものを贈るのはあまり望ましくなく、すぐに使い切ってしまう「消えもの」でお返しするのが一般的です。 これは、悲しみを消すという意味があるためで、お茶や海苔、タオルなどが代表的な例として挙げられるでしょう。

香典返し用カタログギフト」と呼ばれるものは、主に和風の品物が掲載されたカタログギフトになっていますが、お祝いをイメージさせる品が多い場合もありますので、掲載内容は一度見ておきましょう。

マナー対策にはカタログギフトが一番!

冠婚葬祭での贈り物は、細かなマナーが多くあります。
例えば、結婚のお祝いにシェーバーを贈るのは、刃物だからタブーという考えの人もいれば、シェーバーくらいなら大丈夫という考えの人もいるでしょう。

また、地域によっては独自の風習などもあります。 生まれ育った地域や長く住んでいる地域なら、その地域の風習もよく分かるかもしれませんが、そうでない場合にはよく分からず、タブーな品物を贈ってしまうこともあるかもしれません。

そして、最低限のマナーとして、相手が持ち帰るときのことも考慮しなければなりません。

カタログギフトは、このような問題も解決できるように考えられたギフトですので、冠婚葬祭の際には一度検討してみてはどうでしょうか?

-活用シーン

Copyright© カタログギフト非常口 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.