活用シーン 用途別

用途別カタログギフトをチェック!どのようなギフトシーンで便利?

2020年2月27日

用途別で選ぶカタログギフト

カタログギフトには、あらゆるジャンルの商品が掲載されている「総合型」のカタログギフトと、特定のジャンルの商品がメインになっている「特化型」のカタログギフトという2種類があります。

総合型のカタログは幅広い層に対応できるのがメリットですが、特化型のカタログはそれぞれのシーンに合わせて選びやすいのが魅力です。
また、「結婚祝い用」や「弔事用」というように、初めから用途に合わせて作成されているカタログギフトもあります。

各ギフトシーンには色々なマナーがあり、対応するのもカタログギフトを選ぶポイントでは大事になってきます。
用途に合わせたカタログギフトなら、マナーの面でも安心だと言えるのではないでしょうか。

それでは、各シーン毎に使えるカタログギフトはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

香典返しには弔事用カタログギフト

カタログギフトは香典返しとしても人気の高いアイテムですが、弔事だけにマナーが気になるところですよね。
もし選び方に自信がないのであれば、弔事用カタログギフトを活用してみてはいかがでしょうか?

弔事用カタログギフトは和風の落ち着いたデザインに仕上げられており、掲載商品についてもしっかりとマナーに配慮されています。
また弔事には幅広い年齢層の人が足を運ぶことが多く、趣味嗜好も人それぞれ異なります。

そのため、弔事用カタログギフトはグルメから体験型ギフトまで幅広い商品を取り揃えています
これまで香典返しでは海苔やお茶といった決まり物ばかりで、受け取ったけれど、どう使えばいいのか困ることもあったのではないでしょうか?

また、お返しを用意する側としては、定番の品から気を遣って変えようとしても、今度はマナーとして正しいかどうかを調べるという色々な手間もあったと思います。

そういった品物への悩みや香典へのお返しという厳粛な場におけるマナーの両方を解決できるので、弔事にもカタログギフトが使われる機会は増えてきています。

就職祝いには、ビジネス実用品の多いカタログギフトも!

就職祝いは、相手のこれからのキャリアを応援する気持ちを贈るものですよね。
それなら、仕事ですぐに使えるビジネス実用品が多いカタログギフトがぴったりです。

例えばオフィス用品やデジタル機器がたくさん掲載されているカタログギフトなら、相手のモチベーションアップにもつながります。
カタログの中から選んだ商品を使うたびに「頑張ろう!」と思ってくれるかもしれません。

なお、就職祝いは身内に対して贈るのが一般的です。
かしこまった冠婚葬祭の贈り物ではないので、自分にとって負担にならず、また相手が気を遣わずに済む金額のカタログギフトを選ぶことをおすすめします。

結婚祝いや内祝いにはブライダル専用カタログギフト

カタログギフトのプレゼントといったときに多くの人が真っ先に思い浮かべるのは、結婚祝いや内祝いではないでしょうか。

一生に一度だけのお祝いだからこそ、特別感たっぷりの贈り物にしたいですよね。

カタログギフトには色々な種類がありますが、華やかさならやはりブライダル専用カタログギフトがダントツ。
キラキラした表紙を見るだけでも、きっと気持ちが明るくなるはずです。

ブライダル専用カタログギフトと一口で言っても、その内容は多岐にわたります。
特におすすめしたいのは新婚生活を潤してくれるような商品が多く掲載されているカタログギフトですね。

なぜなら、結婚したばかりの頃は、何かと出費が多いはず…。
だからこそ、生活に役立つ素敵な商品がたくさん載っていれば喜んでもらえること間違いありませんよ。

お中元やお歳暮、お年始にはグルメに特化したカタログギフト

近年では、お中元お歳暮を贈らないという人も少なくありません。
その一方で、日本の伝統を大切にしたい、しっかり感謝の気持ちを目に見える形で伝えたいという思いから、贈り物を続けている人もたくさんいます。

また、お年始にも贈り物をするという人もいますね。
お中元やお歳暮、お年始に贈り物をするなら、グルメに特化したカタログギフトがぜひおすすめです。

猛暑が続く夏の時期に贈るお中元は、ビールやソフトドリンクなどが定番となっています。
また、そうめんやうどん、スイカやマンゴーなどが嬉しいという人もたくさんいるはずです。

それに対し、お歳暮やお年始にはがっつりと食べられる肉類や海産物などが安定した人気を誇っています。
しっかりとカタログギフトの中身を確認したうえで、季節や相手の嗜好に合ったものを選んでみてくださいね。

カタログギフトは種類がたくさん!シーンに合わせて選んで

カタログギフトはもらった側が受け取る商品を選ぶシステムですが、数えきれないほどの種類がある中で選ぶのは簡単ではありません
シーンに合わせたカタログギフトを選べば、相手を想う持ちはしっかりと伝わるはずです。

たくさんの選択肢の中からじっくりと考えて選ぶのは、贈り物の醍醐味でもあります。
デザインや中身などをじっくりと吟味したうえで、そのシーンにぴったりのカタログギフトを選んでくださいね。

-活用シーン, 用途別

Copyright© カタログギフト非常口 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.