メリット 基礎知識

カタログギフトなら品物選びは不要!手抜き感などには注意しよう

カタログギフトなら贈り物に悩む手間が無くなる

贈り物を選ぶときは慎重にかかってしまうもの。
これは喜んでもらえるかな」といった迷いや、「使ってもらえなかったらどうしよう」という不安を感じたことはありませんか?

カタログギフトはそういった悩みも解決するために生まれたギフトです。
もらった人が「自分で欲しかったり、使うと思うもの」を選んでくれるので、贈る人が悩むことはそんなにありません。

プレゼント選びで迷って時間をかけてしまう人などには、このメリットが大きく感じられるのではないでしょうか。

品物選びでの失敗を回避!

プレゼントを贈る際に、価格に関してはプレゼントをするシチュエーションや相手との間柄によっておおよその相場があります。
しかし、その予算内で相手の好みにピッタリ合った品物を選ぶのは難しいと思います。

悩みに悩んで選んだプレゼントが相手の好みに合わず、使ってもらえなかったりしたらショックですよね。
また、既に持っている品物を贈ってしまった!なんてこともあるかもしれません。

贈り物で喜んでもらうには、どうしても相手のことを詳しく知っておく必要があります
しかし、仕事上の付き合い相手など、あまり深い間柄でない相手に対して、贈り物をする機会もあるでしょう。

その点カタログギフトなら、もらった側が自分の好みに合う品物を選んでくれるので、贈り物に悩むことはなくなります。

予算に合わせてカタログの単価を選べる

カタログギフトの価格は数千円台のものから数万円台と幅広く、高いものだと商品の質が良くなっていたり、種類がより豊富になっていたりします。

ちょっとしたお返しであれば、数千円台のカタログギフトを贈るというのも選択肢に入りますね。

また、親族や近しい友人へのお祝いなら、少し高級なカタログギフトで気持ちを伝えるのも良いでしょう。
下手に高い品を贈るよりもカタログギフトの方が受け取る側も気負わずに受け取りやすいということもあるので、そういった点でも便利です。

便利な反面、気をつけたいデメリット

カタログギフトは、贈り側の悩みや手間を解消できますが、贈り物の歴史としてはまだまだ浅いです。
また、「自由に選べる」とは言え、カタログギフトの価格帯によっては「選びたいものがない」という場合もあるでしょう。

デメリットを理解した上でカタログギフトを贈り物として活用していくために、何点か注意したい点をお伝えします。

低価格のカタログギフトには注意

カタログギフトは、贈る側が自分で品物を選ぶ場合と比べて、失敗する可能性は低く抑えられます。
しかし、低価格のカタログギフトの場合、掲載されている商品のバリエーションが少なかったりして失敗してしまうケースも見られます。

結婚式の引き出物が安価のカタログギフトだった場合

一番使われることの多い「結婚式の引き出物」に、「安めのカタログギフト」を使うシチュエーションを考えてみましょう。
引き出物が安っぽいカタログギフトで、欲しいものも使うようなものもない…となってしまったら、折角のお祝いなのに気分の悪いものになってしまうかもしれません。

だからといって高いカタログギフトにしてしまうと、今度はお返しとしては高すぎて、余計に気を遣わせてしまうということにもなってしまいます。
価格帯だけではなく、記載されている商品は電子カタログで確認して、「これなら自分でも欲しい」と思えるようなカタログギフトの選び方はいかがでしょうか。

カタログギフトが手抜きと思う人やシチュエーション

カタログギフトは贈る側から見れば楽ですが、相手から手抜きだと思われてしまうこともあります。
では、どんなシチュエーションで手抜きと思われがちなのか、そう思いやすい人の傾向はどんなタイプの人なのか見ていきましょう。

欲しいと思える商品が無かったとき

カタログギフトは基本的に、受け取った相手が商品を選ぶため、不要な物を贈ってしまうことはありません。

しかしこれは、「欲しいと思える商品がある」カタログギフトを贈る場合に言えることです。
もし、カタログの中に欲しいと思える商品がなければ、相手は喜んでくれないでしょう。

品物選びをしなくて済むからカタログギフトを贈ってきたと思われてしまうかもしれません。
最低でも贈るカタログにどんな商品が掲載されているかは確認しておくことをおススメします。

自由に選べることが逆に手間になると感じる人

自由に品物を選べるのがカタログギフトのメリットの1つではありますが、全ての人がそう感じるとは限りません。
プレゼントとしてもらったのに、あまりに大量のバリエーションの中から選ぶのが面倒と感じる人もいるでしょう。

手間がかかることを嫌がる人には、通常のプレゼントを贈った方が良いかもしれません。

実物のプレゼントにありがたみを感じる人

カタログギフトをプレゼントする際に、相手に手渡すのはただの1冊の冊子です。
その冊子から好きな品物を選べるわけですが、実際に受け取るのが冊子1冊だと、味気なく感じてしまう人もいます

綺麗なラッピングがされており、適度な大きさがあった方が、プレゼントをもらったと実感できる人も多いです。
そのような感覚が強い人から見れば、冊子1冊のカタログギフトは、手抜きに見えてしまうかもしれません。

メリットとデメリットを踏まえて、より良いカタログ選びを!

カタログギフトは、品物選びという点ではやはり非常に便利だというメリットがあります。
価格帯も比較的自由で、また大きな失敗が起こる可能性も少なくなります。

しかし、人によっては手抜きと思われてしまうこともあるので、プレゼント選びの基本ですが、相手のことを考えなければいけません。
その上で、カタログギフトで贈り物をするかどうかを決めてはどうでしょうか。

-メリット, 基礎知識

Copyright© カタログギフト非常口 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.