基礎知識

カタログギフトが人気の理由!あらゆるギフトシーンに使える便利さと、その魅力

カタログギフトの魅力

結婚式の引き出物などで、カタログギフトをもらったことがある人は多いのではないでしょうか?
たくさんのギフトがある中でカタログギフトがよく選ばれるのは、それだけ魅力があるという証拠。

ここでは、カタログギフトならではの魅力についてみていきましょう。

相手が好きな商品を選べる

カタログギフトの一番の魅力は、やはり受取った相手が自分で好きな商品を選べるということです。

どれだけ親しい仲でも、相手が欲しいものをピンポイントでプレゼントするのは簡単ではありませんよね。
それがたまにしか会わない相手であればなおさらです。

しかし、せっかく贈り物をするなら相手が喜ぶものを選びたいもの…。

その点、カタログギフトなら間違いなく相手が欲しいものを受け取ってもらうことができます。
贈った後に「気に入ってもらえたかな…?」と悩む必要もありません。

シーンや予算に合わせて選べる

結婚式の引き出物として選ばれることが多いカタログギフト。
例えば、結婚内祝いや出産祝い、快気祝い、香典返しなどにも使えるうえに、それぞれのシーンにマッチしたものを選ぶことができます。

さらに、予算に合わせて選べるのも嬉しいところ。
安いものであれば3000円以下、高いものであれば50000円以上まであるので、予算にかかわらず選びやすいギフトだといえるのではないでしょうか。

旅行などの体験型サービスもプレゼントできる

ギフトシーンでは形のある物を贈るのが一般的ですが、「欲しいものが特にない」という人は案外少なくありません。
しかし、そのような人でも「体験してみたいこと」ならあるかもしれません。

カタログギフトの中には、旅行などの体験型サービスをプレゼントできるものもあるのです。

旅行に使えるギフト券を贈るという方法もありますが、それではギフトらしさがありませんよね。
また、旅行の予定がない人は持て余してしまうかもしれません。

物か体験かを本人が選べるのは、カタログギフトならではといえるでしょう。

カタログギフトを選ぶ際の注意点

カタログギフトを選ぶときに注意したいのは、選ぶものがないと思われないようにするということです。

相手が好きな商品を選べるカタログギフトですが、ラインナップがいまいちの場合は欲しいものがないと思われてしまうことも…。
それではカタログギフトを選んだ意味がありませんよね。

重要なのは、相手の立場を考えて、カタログギフトを選ぶということです。
カタログギフトを贈るときにはつい「これだけ商品があれば1つくらい欲しいものがあるだろう」と安易に考えてしまいがちですが、贈られた側が困ってしまうケースは多々あります。

失敗を避けるためにも、贈る相手に合ったカタログギフトかどうかをじっくりと吟味するようにしましょう。

贈りたいカタログギフトを選ぶコツ

カタログギフトと一口でいっても、100以上の種類がありますので、そこで迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。
参考として、カタログギフト選びのポイントをご紹介します。

贈りたいものからジャンルを選ぶ

最終的には相手が商品を選ぶカタログギフトですが、どのような商品が掲載されているカタログギフトを贈るのかを決めるのは自分ですよね。
相手が欲しいと思う商品があるカタログギフトを贈るために、贈る相手の趣味や好きなものを知っておくと、カタログを選ぶときの基準になるのではないでしょうか。

予算や掲載商品の数だけで選ぶのではなく、どんな商品が掲載されているのか、しっかりとカタログの内容をチェックするようにしてくださいね。

商品が重複しないようにする

意外と多い失敗が、過去に贈ったカタログギフトと商品が重複してしまうということです。
一度カタログギフトを贈ったことがある相手に、もう一度カタログギフトを贈る場合には、違う商品が掲載されているものを選ぶようにしましょう。

特に被りやすいのはウェディング用のカタログギフトで、表紙が違っても掲載商品がほぼ同じということもあります。
似たようなカタログギフトを贈るのは失礼になってしまうので、十分に注意するようにしてください。

3,500円以上のカタログギフトを選ぶ

カタログギフトに掲載されているのは、どれもカタログギフトそのものよりも値段が安い商品です。
これは、カタログギフトの料金にはシステム料が含まれているため
特に3000円以下のカタログギフトの場合は、3分の1ほどがシステム料となってしまいます。

そのため、安いカタログギフトを選ぶと欲しいものが何もないということにもなりかねません。
予算があまりないという場合でも、カタログギフトは3500円以上のものを選ぶことをおすすめします。

素敵なカタログギフトで気持ちを伝えよう

相手が欲しいと思う商品がたくさん掲載されているカタログギフトを贈れば、きっと気持ちもしっかりと伝わるはずです。

冠婚葬祭などのギフトシーンでは、ぜひ素敵なカタログギフトを選んで、あなたのお気持ちを伝えてくださいね。

-基礎知識

Copyright© カタログギフト非常口 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.