メリット 基礎知識

カタログギフトを贈るメリットとは?マナーや品物選びなどの悩みを解決

カタログギフトを贈る側のメリットとは?

お祝いなどでギフトを贈る際に、どんな品物を選ぶべきか悩むことが多いでしょう。
贈るからには喜んでもらいたいですよね。

そこで、相手の趣味や好みがはっきりと分かっていればいいのですが、会社の取引先相手など、プライベートの情報をあまり持ってない相手に贈る機会もあります。
そんなときには、カタログギフトを利用すると便利です。

カタログギフトなら、贈る側が自分で具体的な品物を選ぶ必要はなく、選ばなければいけないのはせいぜい価格帯くらいですので、準備が非常に楽になります
そのため、最近では結婚式の引き出物などでも、カタログギフトがよく選ばれます。
これまでプレゼント選びで悩んだ経験のある人は、カタログギフトのメリットを大きく感じられるのではないでしょうか。

カタログギフトは豊富な商品が掲載されている

カタログギフトを贈る際には、相手に手渡すのは冊子だけです。
カタログギフトを受け取った相手は、その冊子の中から好きなプレゼントを選べます。

そして選べる商品の品揃えが豊富なのが、カタログギフトのメリットです。

お祝いや内祝いなどでは定番の、日用雑貨品や食器類などはたいてい揃っています。
通常の贈り物で無難な品物を選んだ場合、既に持っているものだったりすることもあるでしょう。
カタログギフトなら、そのような心配はありません。

品揃えが豊富なので、相手がそのときに欲しい品物を選んでもらえます。
また、人によってはありきたりな品物だとつまらないと思ってしまうこともあるかもしれませんが、カタログギフトなら珍しい品物も取り扱っているのもメリットです。

例えば、普段は自分で買って食べる機会がないような珍味なども選べます。
豊富な品揃えかつ珍しい品物もあるので、カタログギフトを貰って困るという人はあまりいないのではないでしょうか。

選んでもらえるから悩まなくて済む

プレゼントを贈るときにはいろいろと悩むことが多いでしょう。
特に冠婚葬祭においては「忌み言葉」や「忌み数」などといったタブーは避けなければなりません。

例えば、結婚式のお祝いでグラスやお皿など割れるものを贈ると、縁起が悪いということで嫌な顔をされる場合もあります。
ハサミや包丁なども新婚生活で使いそうな道具ですが、切れるという意味を含むのでお祝いには合いません。

また、贈り物の品数も、「4」や「9」など、ネガティブなイメージを連想させるような数になるのも避けた方がいいでしょう。

そのようなことを考えながらプレゼントを選ぶのはけっこうストレスになるのではないでしょうか。

カタログギフトなら相手に選んでもらえるので、余計なことを悩まずに済みます。
マナーの失敗を避けることができるので、プレゼントやお祝いのマナーに自信がない人にもおすすめです。
縁起などを気にする相手であれば、カタログの中から縁起の悪い品物を避けて選んでくれるので心配いりません。
逆に縁起などをあまり気にしない人であれば、カタログの中から必要なものを探して選んでくれます。

変な気遣いが要らなくなる

プレゼント選びでは気を遣うことが多いです。
例えば、相手が一人暮らしなのか、それとも家族で住んでいるのかなどという事情も考慮して選ばなければなりません。

一人暮らしの人にとっては、ありがたいプレゼントでも、家族で住んでいる人にとっては、あまり役に立たないケースもあります。
一般的にもらって困るプレゼントなどは把握できても、相手の家族構成やライフスタイルなどを把握した上で選ぶのは大変です。
相手が目上の人の場合には、さらに気を遣うでしょう。

カタログギフトなら、そのような気遣いをしなくて済みます。
相手が一人暮らしでも、家族で住んでいても、カタログギフトであれば失敗してしまうことはありません。
年齢・性別・家族構成を問わず、プレゼントやお祝いを贈る際に失敗がないのがカタログギフトのメリットです。

また、複数の人にギフトを贈る際には、質に差をつけなければいけない場合もあるでしょう。
結婚式の引き出物で、お祝いの金額に見合ったお返しをしたりなどのシチュエーションですね。
しかし、差があまりにも露骨に分かってしまうと、せっかくの雰囲気が悪くなってしまうかもしれません。

その点も、カタログギフトなら変な気遣いは要らなくなります。
外見はただの冊子であるため、安価なカタログギフトも比較的高めのカタログギフトも見た目ではほとんど分かりません。

困ったときに活躍してくれるカタログギフト

プレゼントやお祝いを贈る際にカタログギフトを贈れば、贈る側の負担が減ります。
マナーの失敗をしてしまったり、もらって困る品物を贈ってしまう心配もありません。

何を贈ればいいのかを悩んでいるのであれば、カタログギフトでの贈り物をしてみてはいかがでしょうか。

-メリット, 基礎知識

Copyright© カタログギフト非常口 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.